子供の頃、どうすることもできず・・

子供の頃、バスと電車を乗り継いで、ピアノの個人レッスンへ通っていました。

家の近所のバス停からバスに乗って、最寄り駅へ出るのですが、その駅で電車に乗ろうとした時、財布がないことに気づいたんです。バスにはどうして乗れたのかはちょっと記憶にないのですが、駅でとても困ってしまったのをよく覚えています。

当時まだ小学校低学年でしたので、とっさの判断力も乏しい年齢。不安にかられるだけで、立ち尽くしたまんま、改札口近くで泣いていました。今のように携帯電話とかもない時代ですので・・

そうすると、親切な方が声をかけてくれて(今だとついていってはダメ!だと教育されていますが、当時はそういったことも言われてなかったので)すがるようについて行きました。で、その人がお金を私にくれたんです。

すぐ近くの化粧品店で働いているお姉さんでした。で、私はなんとか電車に乗って、ピアノ教室へ向かうことができました。

今母親になった立場で思うと、うちの親もこういう状況の場合は、こうするんだみたいな対処方法などを言い聞かせてなかったのか?と思ったりもしますが・・

後で、親にこの件を話して、親がそのお店のお姉さんにお金を返しに行きました。あの時のお姉さんありがとう~今ならキャッシングアプリを使ってスッと丘を借りて終わりですけどね。参考:キャッシングできるアプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です